ソフトウェアのライセンスって面倒・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと変わって組み込みソフトウェアの話題。

今の御時世、1からプログラムを組むこともあると言えばあるけど、かなりレアケース。

だいたい、メーカーから提供されているフレームワークやインターネットに転がっているライブラリなどを使用して、差分だけを開発するのが普通です

しかし、その時に問題になるのがライセンスです。

 

もし、使用しているフレームワークやライブラリがGPLライセンスだと、開発しているプログラムもGPLライセンスになってしまいます。

GPLライセンスだとソースコードを公開しないといけません。

つまり、「特別な機能を作った。これを目玉にして売るぞ!」なんていうときに、中身でGPLライセンスのライブラリなどをつかっていると、そのソースコードを開示しないといけなくなります。

組込みソフトウェアは大体特定メーカ用の開発が多いので、ソースコードを公開しないといけないのは大きな問題です。

ということで、大抵の場合GPLライセンスのソフトウェアは使用できません。

 

組込みソフトウェア開発ではBSDライセンスのほうが安全です。

BSDライセンスでは公開の義務が発生しないので、ソースコードを秘匿したまま使用することが出来ます。

 

ということで、もし「ソフトウェアのライセンスとかなにも考えずに開発していた」というときは、

一度使用しているライブラリ・フレームワークのライセンスを列挙してみましょう。

GPLがあったら要注意です。

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。