ハイパワーLEDの寿命は熱次第

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネタ切れに付き、ちょっと閑話休題的な話。

 

最近は照明などにハイパワーLEDが使用されて、LED照明なんて普通です。

車のライトもLEDですし。

 

LEDは低発熱で、長寿命!

エコ!

 

……と言われますが、実は結構扱いが面倒なんです。

それは発熱です。

 

蛍光灯や電球は長い間使用されてきただけあって、常識的な使い方であれば発熱はそれほど問題ないのですが、LEDは違います。

LEDは自分の発熱で寿命が縮みます!

(知っている人にとっては当たり前のことですが)

 

寿命が4万時間だとか5万時間とかいっても所詮それは理想状態の話。

熱がこもる環境や、放熱に不備があれば1万時間もしないうちに暗くなってしまいます。

とにかく熱に弱いです。

 

「熱くなったらおしまい」なのがLEDです。

 

ということで、寿命を保証するには温度を下げないといけないのですが、「温度vs寿命」がデータシートに乗っていないことが多いです。

つまり、メーカーに問い合わせをしないとそういう信頼性の情報が出てきません。

(おそらく個人には出してくれないでしょう。企業でないと情報開示してくれないでしょう)

 

ということで、

1,パワーLEDを使う場合には発熱に注意する

2,温度VS寿命の情報をメーカーに問い合わせる

ということを頭においておきましょう。

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。