基板アートワークの用語集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アートワークに関わる用語集をまとめてみることにしました。

 

◯TOP面(部品面)

基板の表のこと

 

◯BOTTOM面(ハンダ面)

基板の裏のこと

 

◯層構成

何層の基板にして、各層の厚みをどうするかと言った仕様のこと

 

◯VIA(ビア)

層と層と貫く電極のこと。

VIAによって各層を接続する。

 

◯IVH(インビジブルビアホール)

見えないVIA。

普通のVIAは全層を貫く。(例えば4層基板なら、4層全てを貫く)

しかし、それではスペースが無駄になってVIAを高い密度で配置することが出来ない。

そんなときにIVHをつかう。

IVHは「6層基板で2層~5層だけつなぐ」みたいに基板の中の層だけを接続するときに使う。

ただし高いので、6層以上の高密度基板でしか使わない。

 

◯FR-4

基板の素材のこと。

いわゆるガラスエポキシ基板。

ほとんど場合この素材しか使わない。

 

◯ベタ

広い面積のパターンのこと。

「ここにGNDベタを入れて下さい」のように使う。

 

◯実装禁止領域

ネジ穴の周辺など、筐体と筐体が接する部分がある。

そういった点をアートワーク担当者に指示する。

「このネジ穴から半径6mmは実装禁止です」

 

◯高さ制限

筐体との関係などで、高さ制限が加わることがある。

「この領域はたかさ制限1mmでお願いします」のように使う。

 

 

 

部品面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(通常)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。