電源プレーンの隅にはコンデンサを置くべし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例えば4層基板では、

 

L1:部品&配線

L2:GND

L3:電源

L4:部品&配線

 

という層構成が一般的です。

 

実際にはL1とL4の空きスペースにはGNDが貼られるので、ほとんどGNDベタで占められた基盤になるわけです。

ここで問題になるのは電源層です。

電源のベタはGNDベタの上にあるわけです。

そして、もし、電源ベタが一部でしかGNDに接続されていないと、それは実はパッチアンテナと同じ構造になってしまいます。

つまり、「電源ベタでできたパッチアンテナ」の共振周波数のノイズが盛大に放射されてしまうわけです。

普通にマズい。

 

どうすればいいかというと、パッチアンテナの構造を壊せば良いのです。

電源ベタが一部でしかGNDに止められていない構造を、あちこちでGNDに止められている構造にすればいいのです。

実際には電源プレーンの隅にGNDとの間のパスコンを入れればいいんです。

そう、パスコンを追加するだけ。

簡単です。

 

もし、アートワークが完了した図面を眺めて、

「IC類が右側によってパスコンも全部右側に行ってしまった。左側の電源プレーンはどこもパスコンがついてない」

なんてことがあったら、パスコンを2-3個追加して左隅に置きましょう。

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(通常)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。