ARMとかCORTEXってなんだろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それぞれのメーカーがCPUを作っているので、各社いろいろCPUがあります。

しかし、ずーっとみていくと、いろいろな会社のCPUで「ARM」だとか「CORTEX」という単語が出てくるのに気が付かないでしょうか。

 

「アーキテクチャ」と書いてあるので、CPUの設計のことを指しているはずです。

それならばメーカーに寄って違うはず。

それなのにどのメーカーでも「ARM]とか「CORTEX」という単語が出てくる。

なんででしょう?

 

それは、「ARM」という会社がCPUの設計をしている会社だからです。

そしてARMが設計したCPUの名前が「ARMなんちゃら」とか「CORTEX」なんです。

各社自分でCPUも設計しているのですが、「ARMなんちゃらが欲しい」「CORTEX」が欲しいという声に答えてARMから設計を買ってそのCPUも作っているのです。

 

ARM社のアーキテクチャは普及しているので、一度開発していればその資産が流用できます。

ということで、ARM社のアーキテクチャを採用したCPUが最近増えているようです。

とはいえ、周辺機器は各社が作っているので、「ARMだから全部同じ」というわけではありません。

基本的なプログラムは流用できますが、周辺機器の制御部は作り直す必要があります。

 

ということで、「ARM」という文字が書いてあったら、「CPUのコア部分の設計は買ってきているんだな」と理解してください。

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(通常)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。