JTAGって何?(初心者向け)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CPUなどを見ていると「JTAG」という用語がよく出てきます。

JTAGってなんでしょうか。

 

元々は接触をチェックするための機能でしたが……いろいろ経緯をかいても意味が無いので省略します。

ずばり、プログラムの書き込みに使うインターフェースです。

 

JTAGというのはだいたい

・TCK(CLOCK)

・TDI

・TDO

・TMS

・TRST

・RST

の6個の信号で実現されています。

 

つまり、デバッガーと呼ばれるプログラム書き込みできる装置とCPUの6ピンを接続すればプログラムが書き込めるわけです。

しかし、最近は小型なCPUも多いので、6ピンも使ったらもったいない! ということで、2ピンの接続だけですむタイプもあったりします。

 

とにかく、JTAG=プログラム書き込みI/Fと思って下さい。

そして、これは各社バラバラです。

使うピン数も違えば、流れている信号も違うし、使えるデバッガーも全部違う。

ということで、「JTAG」といっても全部違うので、結局CPUごとに全部調べ直す必要があります。

(え、このCPUはこうやってデバッガーと繋げないといけないの!? というトリッキーなものもあります)

 

ということで、JTAGはプログラム書き込みI/Fのことを言っていると理解した上で、実際にどうやってデッバガーと接続するかはよく調べるようにしましょう。

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(初心者向け)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。