その電源ICは積層セラミックコンデンサ対応品か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

案外と見落としがちな点なのでちょっと紹介したいと思います。

 

電源IC、例えばLDOでは出力側にコンデンサをつけますよね。

どんなコンデンサを使いますか?

普通のアルミ電解コンデンサ?

高分子アルミ電解コンデンサ?

タンタル?

積層セラミック?

 

電源とは低インピーダンスなほうがいいので、通常は積層セラミックを使うことが多いと思います。

 

が、積層セラミックコンデンサは数mΩという超低ESRです。

電源のパスコンとしては理想的ですが、昔ならありえなかった特性です。

 

設計が古い電源ICはそんな高性能なコンデンサは想定していません。

アルミ電解コンデンサとかESRが1Ω以上あるような低性能なコンデンサを想定しています。

そんな古い電源ICに積層セラミックコンデンサをつけるとどうなるか。

 

発振します。

 

電源がノイズだらけになります。

酷いものです。

 

ということで、レギュレータを使うときにはよく読みましょう。

「◯Ω以上のコンデンサが必要」などと書いてあればまず積層セラミックは使えません。

そういう記述がなければ大丈夫な可能性がありますが、できれば「積層セラミック対応」とはっきり書かれている部品を使いましょう。

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(通常)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。