アートワークではDCDCコンバータに要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DCDCコンバータというのは数百kHzから数MHzというそれなりの速度で動きます。

そして、中身は方形波なのでスパイクノイズも凄いです。

そして、さらに大電流です。

 

……ということは、ノイズの塊なのです。

これをなんの考えもなしに基板設計すると酷いことになります。

これに対処するために2つのことを考えます。

 

◯DCDCの電流路を最短にする

だいたいDCDCコンバータというのは

入力パスコン→インダクタ→出力パスコン

というように接続されています。

(間にDCDCコンバータの制御ICが入る)

電流は入力パスコンから出力パスコンまで流れて、最後にGNDを通って入力パスコンに帰っていくわけです。

この経路が長いとノイズを撒き散らします。

なので、入力パスコンと出力パスコンのGNDを出来るだけ近くにして、帰りのGNDの距離を縮めます。

さらに、部品をできるだけ密集させて行きの距離も短くします。

 

◯ノイズを嫌う配線から離す

まずはアナログ回路です。

微小な電圧変化を監視する回路などがある場合、DCDCから極力離します。

そうしないとアナログ信号にノイズが乗ります。

それから見落としがちなのは水晶振動子です。

水晶振動子はuWレベルの微弱な電力で動いているので、ノイズに敏感です。

 

こんな風にDCDCの配置には気をつける必要があります。

 

以上、小田切でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(通常)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。