データシートとアプリケーションノートの違い(初心者向け)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CPUなどの資料を取りにメーカーのサイトに行くと、文書がたくさん並んでいます。

・データシート

・エラッタ

・アプリケーションノート

・ユーザーガイド

etc

 

一体何が違うんだ、どれを見ればいいんだ、となると思うので、ざっくり説明したいと思います。

 

データシート

対象:ハードウェア開発者

データシートは基本となる文書ですが、そのデバイスの全容を網羅的に書いています。

・電気的特性

・中身の構成

・ピンの並び順

etc

一部ソフトウェア開発者が見る部分がないこともないですが、ほとんどハードウェア的なことを書いてあります。

これを読むことで、ハードウェアの概要がわかります。

 

 

エラッタ

対象:ハードウェア開発者&ソフトウェア開発者

半導体製品にもソフトウェアと同じようにバグが有ります。

そのバグを説明する資料です。

 

 

アプリケーションノート

対象:ハードウェア開発者&ソフトウェア開発者

データシートは淡々と特性や中身の説明している文書ですが、

「私はこのCPUを使ってUSB通信をしたいのですが実際にどうやればいいんでしょう」

みたいなことには答えてくれません。

そこで「こういう機能はこうやって使ってね」「こういう設計するといいよ」みたいな手引書がアプリケーションノートです。

自分が実現したい構成に近いアプリケーションノートがあればラッキーです。

アプリケーションノートは、ソフトウェアとハードウェアの両方について書いて有ることが多いです。

役に立つアプリケーションノートがない場合、手引無しで作ることになるので苦労します。

 

ユーザーガイド

対象:ソフトウェア開発者

アプリケーションノートは機能別に手引をしてくれますが、ユーザーガイドはさらに噛み砕いた文書です。

「開発環境のインストール方法」「デモボードの使い方」みたいなことを説明しています。

極端な話、ユーザーガイドで書かれていることは専門家でもなくてもできます。

(手順通りにやればいいだけで、ほとんど知識がいらないので)

 

 

と、こんな位置づけになっています。

 

デバイスを選定するときには、データシートで判断して選んで、

実際に回路設計するときはアプリケーションノートとデータシートを交互に見て、

基板ができてソフトウェア開発するときには、ソフトウェア開発者がユーザーガイドを見ながら開発環境をセットアップする……というような流れです。

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(通常)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。