見落としがちな電源立ち上がり順序

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大規模なSoCなどになると、電源を複数持っています。

例えば、コアに1.2V、メモリ用に1.8V、外部I/O用に3.3V・・・と3つぐらいの電源があるのは当たり前です。

こうなってくると面倒なのは、電源を用意すればいいだけではなく順番も重要になることです。

 

例えば、SoCのデータシートが

「1.2V、1.8V、3.3Vの順番に電源を入れてください」

と記載してあるとします。

(大体低い電圧から入れるのが普通です)

 

しかし、普通に電源回路を作るとどうなるでしょうか。

3.3V生成→3.3Vから1.8Vを生成→3.3Vから1.2Vを生成

みたいな構成になることが多いと思います。

すると、電源が入る順番は

「3.3V→1.8V→1.2V」または「3.3V→1.2V→1,8V」になってしまいます。

つまり、電源回路を普通に作って供給すると、高い電圧から供給されてしまうのです。

 

非常に面倒な点です。

 

解決策の一つは、そのSoC専用に設計された電源ICがあればそれを利用することです。

そういうものがあればそれを利用するのもいいでしょう。

もう一つは、電源を制御するための回路を組み込む方法です。

上記の電源回路であれば、1.8Vと3.3Vの電源ラインにFETを入れておき、電流を遮断します。

そして、1.2Vの電圧が入ったら1.8VのFETをON、1.8Vの電圧が入ったら3.3VのFETをONにする回路を入れるのです。

 

初めてやると結構面倒な部分です。

 

ということで、複数電源があるICの電源投入順序は十分に気をつけましょう。

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(通常)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。