軽負荷時に効率がいいDCDCコンバータの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電池駆動の製品でDCDCコンバータを使うとなると、効率が非常に大事になってきます。

それだけでも結構難しい問題ですが、「スタンバイ時間が長い」となるとさらに難しくなります。

 

電池駆動製品の場合、スタンバイのときは数十uA程度の電力で待機することになると思います。

スタンバイ時に1mAも消費していたら、スタンバイだけですぐに電池が終わってしまいます。

 

しかし、「大電力の時に効率がいい」設計をすれば低負荷のときにも効率がいいとは限りません。

軽負荷時に消費電力を下げるにはいくつかの工夫が必要です。

 

・消費電流が小さいDCDCコントローラを選ぶ

当たり前ですが、大事です。

DCDCコンバータのコントローラICでは数mA以上の消費電流が流れるものも多く、そんなものを選んでしまったらどうにもなりません。

 

・場合によってはFET外付けを選択する

最近のDCDCコントローラICはほとんどFET内蔵です。

しかし、FET外付けタイプではさらに消費電流が低いタイプがあったりします。

そういうときは、めんどうではありますが、FET外付けタイプを選択するのも手です。

 

・発振周波数が低いものを選ぶ

FETのON/OFFが切り替わる瞬間、つまりFETが半分ONになっているような瞬間があります。

そのときにはFETの抵抗が高い状態であり、電力がFETで消費されてしまいます。

また、FETのゲートを駆動するためにも電力が消費されます。

このような理由から、FETのON/OFFが変化する回数は低いほうが効率が良くなります。

つまり、発振周波数が低いほうが効率がよくなります。

その代わりに、大きいコイル・コンデンサが必要になってしまいますので、トレードオフで判断しましょう。

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(通常)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。