静電気イミュニティ試験の基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ESD試験の基準はだいたい他所からの要求で決めるものですが、自分で決める立場になると決めるのが結構難しいです。

そうしたら、なんかいい表を見つけてしまいました。

ネット上にあるものではないので、内容だけ紹介します。

 

これはあくまで目安なので、参考程度にお願いします。

これを基準にどこまで厳しくするか、という考えでよいように思います。

 

試験対象
機器
接触放電 気中放電 間接放電 判定基準
家電
照明
商業・軽工業
工業
4kV
10回
8kV
10回
4kV
10回
B
情報機器 4kV
25回
8kV
10回
4kV
25回
B
医療用 2,4,6kV
10回
2,4,8kV
10回
6kV
10回
B

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。