積層セラミックコンデンサのクラックについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとマニアックな話ですが、実際の現場では問題になる話について書きたいと思います。

それは「積層セラミックコンデンサのクラック!」。

VCUTなどの基板を割る時に、基板というのはたわみます。

特に、基板の端には大きな力がかかります。

 

積層セラミックコンデンサというのは、セラミック=焼き物で出来ています。

つまり、ものすごく割れやすい部品なんです。

衝撃や歪みで割れてしまいます。

だから、基板を割る時にクラックが入ってしまいます。

しかも、「ちょっとだけショート」「ちょっとだけ容量抜け」みたいな状態になってしまうので、

壊れたかどうかわからない場合も多いです。

 

ということで・・・変なふうに壊れないようにこういう対処が必要になります。

 

1,基板の端に積層セラミックコンデンサを置かない

これが一番です。

 

2,どうしても基板の端に積セラを置くときは、長辺が基板の端と並行になるようにする。

NGパターン

image

これは積セラの長辺方向が歪むのでクラック入りやすいです。

 

OKパターン

image

これだと積セラの短辺方向が歪むので、クラックは入りにくいです。

 

3,積セラの横はルーターカットを入れる

要はVCUTだと歪みが発生するわけです。

だから、積セラのすぐ横はルーターカットを入れればVCUTでなくなるので歪みは減ります。

image

↑左の長丸部分にVCUT

 

 

以上、小田切でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(通常)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。