CPUのビット数ってなに??(初心者向け)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8ビットCPU、16ビットCPU、32ビットCPU、64ビットCPUの4パターンが有ります。

極稀に4ビットCPUなんてのもありますが、特殊なので割愛。

 

これは一体何なんなんだ!

 

はい、中で扱えるデータ幅です!

……と言ってもわかりませんよね。

そして、そんなことはあまり重要ではありません。

 

簡単に言うと、

ビット数が小さいと回路が小さいので、

・CPUの価格が安い

・計算が遅い

・扱えるメモリが小さい

・省電力

 

そして、ビット数が大きいと回路がでかいので、

・CPUの価格が高い

・計算が速い

・扱えるメモリが大きい

・電気をたくさん使う

 

ってことです。

 

細かいことを書いても初心者の方には難しいので、ここには書きません。

 

↓こんなイメージです。例外はたくさんあるので、だいたいの話です。

 

スマホ・PC・据え置きゲーム機など:64ビットCPU

ルーター・組み込みCPUボードなど:32ビットCPU

それ以下の製品:8ビットCPU・16ビットCPU

 

その機器に必要な能力・価格・消費電力のバランスを見て選ぶことになります。

これには正解がなくて、経験やリサーチをしなければ答えを出すことは出来ません。

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(初心者向け)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。