CPUの下にはGNDを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アートワークで配線をすると、ついついCPUの下に配線を走らせてしまいますが、それはよくありません。

なぜでしょうか。

 

CPUの中は高速の信号が飛び交っており、CPU自体がノイズをばらまく原因です。

ノイズを吸収するのはGNDベタですので、CPUの直下に置くことでノイズを吸収させるのです。

つまり、ノイズを出来るだけばらまかないために直下にGNDベタが必要なのです。

これが一点。

 

さらに、ノイズに一番近いCPU直下に配線を置くとその配線にノイズが乗りやすいのです。

つまり、CPU直下の配線の信号品質に問題が出やすいから。

これが二点。

 

さらに、CPUの周囲にはパスコンがあったりプルダウン抵抗があったりして、周辺の配線には安定したGNDが必要です。

なので、CPUの下でぶった切れているようなGNDベタはよろしくありません。

これがで3点。

 

このように、複数の理由がありますので、よーく気をつけましょう。

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(通常)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。