電気を水に例えるとわかりやすい(初心者向け)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気というのはとかくイメージしにくいものです。

 

「電圧」「電流」とか言葉はあるけど、イメージできない。

式とか定義とかどうでもいいから、とにかくわかりやすく教えて!

 

そんなあなたに「電気=水」の概念をおすすめします!

 

水と電気の相違点

水というのは上から下に流れます。

電気も同じです。高いところから低いところに流れます。

水の流れには勢いがあります。

電気にも勢いがあります。

水には「量」があります。

電気にも「量」があります。

電気というのは「電子」の塊ですが、「電子=水の粒」と考えてイメージするとすごくわかりやすいです。

 

電圧=水が落ちる高さ

電気の電圧というのは「水が落ちる高さ」に相当します。

高いところから水を落とせば勢いが強く(水圧が高い)、低いところから水を落としても勢いは弱いです(水圧が低い)。

電圧というのも同じです。

電圧が高ければ電気の勢いが強く、電圧が低ければ電気の勢いは低いです。

 

電流=流れる水の量

同じ高さから水が落ちる場合でも、ちょろちょろ流れるのとたくさん流れるのでは違いますよね?

電気も同じです。

流れる量を「電流」といいます。

電流が大きければ、電気(電子の粒)が一気に流れるイメージ、電流が小さければ、ちょろちょろ流れるイメージです。

 

エネルギ=水が落ちる高さ×流れる水の量=電圧×電流

ここでエネルギーを考えてみましょう。

イメージが付きやすいように、「かわいそうな人に水を上からぶちまける」という例で考えましょう。

痛いけど、わかりやすいので(汗;

エネルギーというのはこの人が感じる痛みと同じです。

 

バケツいっぱいの水を頭の上10cmから落とす場合と、頭の上10mから落とす場合、どちらが痛いでしょうか?

10mの方が痛いですよね。

つまり高いところから落とすほうがエネルギーが大きいのです。

電気も同じで、電圧が高いほどエネルギーが大きいのです。

 

バケツの位置を頭の上1mに固定したとして、小さいバケツと大きいバケツを使うとどちらが痛いでしょう?

大きいバケツでたくさんの水をぶつけるほうが痛いですよね。

電気も同じで、電流が大きいほどエネルギーが大きいのです。

 

このように、エネルギーには電圧と電流の両方関係していて、

 

電力P=電圧V×電流I

 

という式で表されます。

 

なんとなくですが、電圧と電流のイメージが掴めましたか?

 

以上、小田切でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(初心者向け)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。