GNDベタの穴はなんとかフォローする!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通常の4層基板では、2層目はGNDになっていて、そこに他の層からVIAを通すことで全層に渡って頑強なGNDが作れます。

しかし、配線が多く、2層目にも配線が来てしまうこともままあります。

そうすると、2層目が綺麗なGNDベタではなく、穴が空いたベタになってしまいます。

穴も小さければいいですが、配線が長かったりすると大穴が空くことになります。

 

ベタに大穴が開くとどうなるのでしょうか。

 

答え:ループ(コイルになる)

 

穴のまわりがコイルになってしまい、そこで共振したりします。

現在、それが原因と思われるトラブル発生中です。

 

そうなると、その穴を塞がないといけません。

しかし、もともと苦しくて2層目に配線を走らせているので、その配線をなくすことは難しいです。

 

そこでどうするかというと、他の層でカバーします。

その穴の中を通るようなGND配線を他の層に作り、VIAでつなぎます。

例えば、長い穴があって、その中央を他の層で繋いだとしましょう。

そうすると、大穴の外周がそのままループになっていたのが、VIAを通して中央の配線で繋がれることにより、外周が半分のループ二つになります。

こうすることにより、共振周波数が上がります。

ループは消えないのですが、周波数が上がることにより共振しにくくなっていきます。

 

文字ばかりでは正直わかりにくいと思いますが。

是非ともよーく考えてみてください。

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(通常)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。