ショットキーバリアーダイオードと普通のダイオードの違い(初心者向け)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普通のダイオードとショットキーバリアダイオード(ショットキーダイオード)の違いについてわからない!

という方向けに簡単に説明したいと思います。

 

ショットキーバリアダイオードとは?

普通のダイオードはP型半導体とN型半導体をつかった部品ですが、

ショットキーバリアダイオードは半導体と金属を組み合わせた部品です。

一番大きな特徴は「普通のダイオードと比較して電圧降下が小さい!」ということです。

 

記号

 

ショットキーダイオード

 

こんな記号です。

普通のダイオードと同じような記号ですが、三角の横の棒がS字になっているのが異なります。

 

向き

向きは普通のダイオードと同じです。

上の図では左(アノード)から右(カソード)に流れ、逆方向には流れません。

 

使い方

普通のダイオードと基本的には同じです。

電流・電圧の耐圧に問題がなければ、普通のダイオードをショットキーダイオードに変えても問題ないことが多いです。

 

特性(普通のダイオードとの違い)

順方向電圧(電圧降下)が小さいので、ダイオードで消費される無駄な電力を減らすことが出来ます。

ただし、高電圧で使える部品が無く、低電圧(数十ボルト)でしか使えません。

また、逆方向に電流を流そうとすると、普通のダイオードはuA程度の電流しか流れないのに対し、ショットキーバリアダイオードはmA程度の電流が流れてしまいます。

 

用途

・低電圧機器の大電流の整流

・逆方向電流が問題にならない回路(簡単に説明できないので、上級編でいつか)

 

以上、小田切でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(初心者向け)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。