発光ダイオード(LED)とは? 記号と特徴(初心者向け)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発光ダイオードについて説明します。

長いので普通は「発光ダイオード」の英語名の省略である「LED」で呼びます。

 

発光ダイオード(LED)の特徴

「ダイオード」と付くからには電流を一方向にしか流さない特性を持っています。

しかし、ただのダイオードと違って「発光」するわけです。

電流を流すと光ることから、昔は電球を使っていた部分にこの発光ダイオードを使います。

元々は状態表示に使うだけでしたが、大電力対応の発光ダイオードも登場して、今では「LED照明」なんていうのもありますよね。

 

ちなみに、「光るだけで普通のダイオードと同じか?」と聞かれると、全然違います。

基本的にダイオードとしてLEDを使うことは出来ません。

 

・LEDは逆方向電圧が5V程度と低い

普通のダイオードは数十ボルトから数千ボルトの逆方向電圧に耐えるので、逆流防止に使うことが出来ます。

しかしLEDは逆方向電圧が低いので、LEDを逆流防止に使うことは非現実的です。

 

・LEDは流せる電流が小さい

照明用LEDは別として、普通のLEDなどは20mA程度しか流せません。

普通のダイオードは数A流せるものが普通にあるので、全く比較になりません。

 

・LEDは電圧降下が大きい

普通のダイオードであれば0.6V以上、ショットキーバリア―ダイオードでは0.2V以上の電圧降下が発生します。

それに対して、LEDは赤色で2V以上、緑・青・白では3V以上の電圧降下が発生します。

LEDを逆流防止に使ったら、5Vいれても3Vになってしまうので非効率過ぎて使えません。

 

こんなかんじで、LEDはあくまで光らせるためのものであってダイオードの互換品ではないということです。

(無理やり使えば使えないことはないけれども、普通はそんな無意味なことはしない)

 

発光ダイオード(LED)の記号

image

こんな記号です。

ダイオードに発光を示す記号がついただけです。

普通のダイオードと同じように「アノード」「カソード」の呼び名も同じです。

 

発光ダイオード(LED)の電流の向き

覚えてもらいたいのは、発光ダイオードもダイオードの一種だということ。

ですから、普通のダイオードと電流が流れる向きは同じです。

アノードからカソードです。

アノードにプラス極、カソードにマイナス極を接続すれば光るわけです。

(電池直結すると過電流でLEDが痛むので、直結は駄目ですよ)

逆に接続すると電流が流れず光りません。

 

以上、小田切でした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CTA(初心者向け)

てすと

てすと

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。